めざせ汚部屋卒業!

汚部屋のヌシ。
腰痛もちなのでゆっくりとかたつむりの歩みで脱出を目指します。

衣装ケースやりくり

和室2の下段にある黒い衣装ケース6個、全部カラにしました! 写真でわかるでしょうか、中身はありません。
さらに数着、服を処分。またH&Mへ持って行きます(先日いきました)。
これがコミックを入れていた奥行きの浅い衣装ケース4個に入るのだから、どれだけ無駄なものを持っていたのか、というかその無駄なものを持つために収納を増やしてきたのか、ですね…(´・ω・`)
この黒のケースは学生時代の一人暮らしに際して買ったもので年代モノ(笑)で(今でもしっかりしています!)、当時はこれですべてが足りていたんです。それがどんどんケースを買い足し、それでも溢れるものたちをもてあましていました。初心にかえる感じですね。


さらに和室1の奥行きが深いコロつきケースも3個、処分へ。キッチンから生み出した浅いコロケースに布団、カバン、着物を入れます。


となると、ケースだけで9個の粗大ゴミ。
これ、どうやって出そうかと悩んでしまいます。
コロ付を台車代わりに、そこへ黒ケース3個乗せれば2往復でいけるかも? 危ないかな。
処分費だけで2千円突破は間違いないです。
でもこれでスッキリが手に入ると思うと嬉しいです。





引き続きマンガの収納。

ベッドの到着日が決まったので、その日に向けて和室2をベッド受け入れ態勢にしていきます。
収納というよりマンガが今はいっているクローゼット用衣装ケースを空けたいので、seriaの箱に詰められるものは詰めて容量チェック、そのほかは空き箱(とっておいた)へ。


つめてみたところ、B4サイズ2箱が、衣装ケース1段分くらいです(写真のとおり、余裕はあります)。
衣装ケースは4段使用していたので、3段のカラボでは1段分足りません。
カラボ上のA4箱はペーパーボックス1個よりやや大目に入りますが、深さがある分、下敷きになるマンガがなんなのか把握できる工夫が必要ですし、使いやすさの意味でもそんなに満タンにできません。


つまり、B4サイズ2箱分を、上に載せるA4で補う必要があり、A4ひと箱=ペーパーボックスひということはA4サイズは最低4箱なので、やはりきのうの予想どおり、B4サイズ、A4サイズとも6箱ずつとなりそう。


今日はそんなわけで再度マンガを見直し、コンビニコミックを処分。ついでにコミック専用のプラケースもひとつ処分。このケースは3個あるのであと2個も処分を目指すか、ベッド下に入るハズなのでそこで継続利用するか。



押入れのマンガ収納

ちょっとお試しにやってみました。
和室2の押入れ右上段、衣装ケース×4とペーパーボックス×4(すべてマンガ)を出し、カラーボックスを横向きに。
そこへ、seriaの「Plenty Box」を配置。カラーボックスの中の2個がB4、上の1個がA4。


サイズは測っていったのですが、予想以上にぴったり。多少奥行きがはみ出るのはわかっていたので、それを含めてもアリだな、という印象。


ただ収納力を考えると、A4も二段重ね必須ですね。もう少し減らせるか再チェックもしてみますが…。
となると、B4があと4個、A4はあと5個、全部で12個で1,200円(税抜き)。
飽きたり破損したりしてもダンボールなので破棄は簡単。安いし買い替えもお手軽。
これでクローゼット用の奥行き浅め衣装ケース×4が空くので、左下段の押し入れ用の黒い収納ケースをできるだけ減らす方向でいけそう。


あと1か所、捨てるステップで忘れていました、間取り図にないクローゼット。
靴を4足破棄しました。さらにキッチンから電気ポットもゴミへ。これでキッチンのメタルラック下段にある2つのプラケース、これも空けられそうです。
和室1の奥行きが長いプラケースと置き換えを検討です。
別に奥行きの深いケースが憎いわけではないのですが(笑)、押入れが変則的な作りで奥行きは活用しづらいのです(´・ω・`)